取り外しが出来る歯の矯正|信頼できる歯医者がいる矯正歯科で治療を受けよう

患者の負担が減る矯正治療の詳細情報を解説

仕事をしながら治療

営業系や接客業であれば、見た目の印象が大事になってきます。しかし矯正器具が目立ってしまい、相手との会話も難しくなってしまうでしょう。マウスピースであれば会話中のみ外しておくことが出来るので便利ですよ。

マウスピース矯正治療での誤解されやすい事ランキング

no.1

虫歯になりやすい

マウスピースを利用した矯正治療で最も誤解されやすい事は「虫歯になりやすい」です。歯にフィットしていてもわずかな隙間から菌が侵入し繁殖しやすいのではないか?と思われがちなのですが、いつでも着脱可能なので従来の矯正に比べても虫歯になりやすいということはないのです。

no.2

着用時の痛みが強い

マウスピース型の矯正器具はピッタリとくっつくため、着用時の痛みが強いのではないかと考えられています。そのため誤解されやすい事ランキングでは2位です。しかし、マウスピースの場合は歯に大きな負担を掛けずに、ゆっくりと治療していくために利用されるので着用時の痛みはブランケットよりも少ないとされています。

no.3

話しにくい

マウスピース型の矯正治療で誤解されやすい事ランキング3位になったのは、「話しにくい」という部分です。確かに初めて着用するときは多少の違和感や喋りにくさというものはありますが、マウスピース自体も分厚いものではないので着用の違和感や話しにくいといったデメリットはすぐになくなるとされています。

取り外しが出来る歯の矯正

医療器具

今までの矯正治療

歯の矯正治療は特殊器具を着用することで、歯並びを治すという方法が一般的でした。また一度着用をすると治療中は外すことが出来ません。しかし、医療も進歩していき目立たない医療器具や治療中であっても自分で取り外しが出来る矯正器具が開発されたのです。

取り外し可能

町田の歯科でも取り組まれている歯の矯正治療の中には、取り外し可能なマウスピース型の矯正器具があります。このマウスピース型の矯正器具は食事や歯磨き時に自分で外すことが出来るので、今までにない矯正治療として注目を集めています。

バレずに治療できる

矯正用のマウスピースを利用する矯正治療では、自分が治療をしていることを隠すことが出来ます。食事や会話を楽しむときは外しておき、自宅や寝る前に着用して矯正していくことが出来るので利便性が高いのです。

広告募集中